医薬品のスイッチ直後品目とは

薬事法が改正されて、第一類医薬品の種類のうち、要指導医薬品という区分が新たに設けられることになります。
これは平成26年6月12日から実施されます。

これは、販売する時に必ず薬剤師が対面で販売し、情報提供や指導などが必要とされる薬のことです。
スイッチ直後品目と劇薬がこれに当たります。

スイッチ直後品目とは、医療医薬品から一般医薬品に切り替わったばかりの薬のことで、安全性や副作用などの面においてまだ未知数の部分がある、リスクが確定していない薬のことです。

スイッチ直後品目は原則3年で一般医薬品へと移行し、インターネットでも購入可能になります。
大まかにわかりやすく言えば、リスクの高い薬は薬局でしか買うことができず、その際には必ず薬剤師から直接対面で買う必要があるということです。

また、大きく変わった点としては、今までは第三類医薬品のみしかインターネットで薬を購入できませんでしたが、今後は要指導医薬品以外の第一類、第二類、第三類の薬がインターネットでも購入できるようになります。

要指導医薬品以外の薬を買うことができるようになるので、情報化社会の現代、今まで以上に薬を買うときの利便性が高くなるというメリットがあります。